sunhealth

風邪予防だけじゃない!ビタミンCの効果5つ !

・肌をハリと弾力を与えて健康的に
・抗酸化作用(アンチエイジング)
・免疫力を高める
・ストレス対策に
・ビタミンCの特徴と摂り方

肌にハリと弾力を与えて健康的に

Embed from Getty Images

コラーゲンの合成にはビタミンCが不可欠で、人の体を作っているタンパク質の30%を占めており、皮膚においては約70%がコラーゲンにより構成されています。ハリと弾力を与えてみずみずしく健康的な肌を保つ働きをしています。

皮膚だけでなく骨においては内側から柔軟性を保つことにより、もろくなり折れやすくなることを防いでくれています。また血管においても同様に外膜を丈夫にしてその強度を高めてくれています。

コラーゲンが構成されているアミノ酸の2/9はプロリンと呼ばれるもので、ビタミンCにより水酸化されているが、ビタミンCが不足することで水酸化が行われず、コラーゲン分子の会合が行われなくなる。それにより毛細血管などの組織の形成が不十分になり軟化し、壊血病になることもあります。

しっかりとビタミンCを補給して健康であるとともに、若々しく健康な肌でいたいですね。

抗酸化作用(活性酸素の除去)

Embed from Getty Images

活性酸素とは、呼吸で取り込む数%の強い酸化力を持つ酸素です。

ほとんどは体を守る目的で用いられていますが、過剰になると糖尿病や非アルコール性脂肪性肝疾患、動脈硬化、白内障など、多くの老化関連疾患を悪化させたりシワを増やします。

消化器官から取り込まれたビタミンCは血液を流れて、この活性酸素を除去してくれます。

普通のマウスとビタミンC不足マウスの研究が行われ、前者の平均寿命は24ヶ月であるのに対して後者は6ヶ月であり、あらゆる老化の症状が確認されたとのことです。ビタミンCがいかに大事かがわかりますね。

ビタミンCを摂って活性酸素を取り除きましょう。

免疫力を高める

Embed from Getty Images

ウイルスが体内に入ると体はインターフェロンという免疫物質を分泌して抵抗します。この免疫物質の生成にはビタミンCが欠かせないので、日頃から意識することで免疫強化につながります。

ビタミンCを摂れば風邪を引かないと言われる由縁がこのことです。

ストレス対策に(抗ストレスホルモンの合成をサポート)

Embed from Getty Images

人間はストレスを感じると副腎皮質から抗ストレスホルモンを分泌することで血糖値を上げストレスに対抗します。この時にビタミンCは大量に使われます。また過度のストレスによる活性酸素の除去にも用いられます。

ストレスを溜めないことが大事ですが、最近疲れていると思った時はビタミンCを取りましょう。

ビタミンCの特徴

Embed from Getty Images

ビタミンCは水溶性ビタミンなので体内には蓄積せずに過剰分は尿として排泄されます。体内に蓄積しないので過剰症を心配しなくてよい代わりに、定期的にしっかりと補給しなくてはなりません。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」でビタミンCの食事摂取基準は、成人(15歳以上)における推奨量が100mgと定められています。これはレモン二個分の果汁に匹敵します。

野菜などでも十分補えますが、サプリメントなどで摂取しても良いですね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です